『玖珂郡志』に「鍛冶原、行バ左。小瀬ヨリ八里、上関ヨリ七里。」との記載がある。

 豊臣秀吉は、朝鮮出兵の際に、一里(約4km)ごとに塚を設けたのはよく知られている。それが江戸時代となり、諸国の街道筋に普及し、並木も植えて旅行者の便を図った。

 日積地区では大原の丸山という場所にもあった。一里塚跡が位置するのは墓地そばだが、塚自体は残っていない。

鍛冶屋原一里塚跡

岩国方面(往還の原形が残っている区間)   大畠方面(鍛冶屋原遺跡)