1985(昭和60)年頃、弥生系の石斧が採集され、周辺からは鏃(やじり)や土器片も発見された。土器片には縄文系のものもあった。

 この地一帯は、奥迫川の扇状地で、弥生時代を中心に集落があったと考えられている。

大原遺跡標柱

詳しくは日積公民館ホームページ

岩国方面(松島詩子出身地)    大畠方面(火伏神狩野岩)